しかしながら今説明したケースの時

直接的でないカードの手法はたやすいです。

カードによって直で取引できない販売品をダイレクトに買うという手法ではなく、遠まわしに使って注文する方が良いのです。

概略が単純なので先にギフト券の実例を使って解説してみたいと考えます。

例にあげようとしている女性がブランドカバンを持ちたいとそれを見ているとします。

欲しがっている価値のあるバックを置いている店だとクレジットカードで支払う事が出来ません。

一方JCB、Diners clubなどのギフト券を利用すれば許してくれるといっています。

だからモデルになる人はクレジットカードを使用して商品券を発注する事ができるショップにおもむきクレジットカードを利用してJCB、American Express、NICOSなどののギフト券を買い取りしました。

使ったクレジットカードを利用して注文したVISA、American Express、NICOSなどの商品券をお店に携えて訪れ求めていた有名な財布を注文したとしましょう。

「一体どうして商品券で購入した人物は上記のようなややこしい手続きをする必要があるの?」と訝しむのかもしれませんが、実をいうと解説した手法を運用すると一般はもらえる事はなかったクレジットカードポイントがつきます。

普通に、キャッシュを払う事で一流のアクセサリーを注文したとした時でもキャッシングポイントは手に入れられませんしVISA、American Express、Diners clubなどの券を現金で取り寄せした上で利用してもクレジットポイントはもらえません。

しかしながら今説明したケースの時はAmerican Express、Diners clubなどのギフトカードをカードで買ったという理由で、一流のコートを取り寄せしたケースとつりあうような数のクレジットカードポイントが獲得できるのです。

こういう場合が直接でないようにクレジットを駆使した事であるという理由により、間接的クレジットと呼ばれている方法です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.lamorochatango.com All Rights Reserved.